ベル通信 Vol.052【2021年8,9月号】

院長のごあいさつ

日本国内の新型コロナウィルス感染症患者数が最多を更新する中、感染拡大収束のポイントは、ワクチンの接種普及と感染を防ぐ生活習慣の継続です。この生活習慣の変容の影響か、他の感染症は大幅に減少している様です。今期の季節性インフルエンザの感染が、昨年同様増えない事を願います。

妊娠中は、女性ホルモンの変化やつわりの影響で、歯周病やむし歯になりやすい時期です。

歯周病合併妊娠では、早産、胎児発育不全、妊娠高血圧腎症のリスクが高くなります。

妊娠中の歯科検診を受けることは元より、妊娠前から歯周病治療を行い、口腔内環境を整える事で、これらのリスクを予防出来ます(プレコンセプションケア)。

又、ベル通信Vol.029【2017年12号 】でもお伝えしましたが、新生児の口腔内は、生まれた直後は無菌ですが、主にお母さんの唾液中のミュータンス菌の感染によりむし歯になる事が分かっています。妊娠中からの口腔ケアをオススメします。『妊娠中の口腔ケア』については、ベル通信Vol.007【2016年2月号】のベルの知恵袋をご覧下さい。

新型コロナウィルス感染症を含め、妊娠中は疾病の検査・治療には制限が有ります。妊娠を考えている方やカップルは、妊娠前から自分自身の生活や健康に向き合って下さいネ。

(鈴木まさし)


クリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介します!

2021年7月生まれの赤ちゃん

2021年8月生まれの赤ちゃ

 

 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。


【外来】

・電話の対応がとても親切でした。県外のためうわさも情報もなく、恐る恐る電話したら、
とても丁寧に
対応していただき安心してスグに分娩の予約を取りました。

・受付の方皆さん優しいので気持ち良く対応出来るから良き。

・ヨガや鍼灸の予約と健診を上手く組み合わせてくれて助かりました。

・待ち時間も少なく、スタッフの方もみなさん明るくて優しいので何もマイナスポイントはありません。
先生も気さくにお話ししてくれたり、質問にもご丁寧にお答えしてくれるので満足です。

【入院中】

・助産師さんがみんな優しくて、授乳室に行くのが毎回楽しみでした。
部屋もシャワー室も清潔だし、
お食事もボリュウームたっぷりで、快適な入院生活を送れました。

・今回の出産でも、へその緒を切ったり、胎盤を見せてもらったり、挟まっている頭を触ったり

貴重な体験が出来て良かった。医院長が撮って下さったムービーも赤ちゃんが出てくる瞬間がしっかり
映っていて感動した。

・前回よりもあずかってもらえることが多かったので、気持ちにゆとりをもって入院できました。


kouzyou

【外来】

コロナ禍で家族の付き添い不可の為、Blu-rayの録画サービスがとてもありがたいのですが、可能であれば音声が入ったら嬉しいです。家族にも赤ちゃんの心音を聴かせてあげたいです。

スタッフより

貴重なご意見ありがとうございます。妊婦検診時の腹部の超音波映像はBru-rayで録画はできるのですが、音声は入れることができません。診察時に腹部の超音波画面を妊婦さん自身でスマートフォン撮影されることは出来ます。お手数ですがよろしくお願いします。