ベル通信 Vol.020【2017年3月号】

院長からのごあいさつ

東日本大震災から6年が経ちます。福島第一原発の事もあり、復興には時間がかかる様です。歌手のシンディー・ローパーさんは、平成27年来日時に日本語曲『Wasurenaiwa(忘れないわ)』を東北の為に歌ったそうです。そして去年の夏には被災したピアノを修復して石巻市の市立病院に送り、アメリカ人ながら東北への思いを寄せ続けています。素晴らしい感性だと思います。

大規模災害や事故における女性の救護は、要救助者が妊婦である可能性を考慮し、優先順位を上位にし、さらに破水、腹痛、性器出血、胎児死亡のいずれかに異常を認めれば、緊急治療が必要な優先順位の「赤タグ」に分類されます。又、大規模災害後の避難生活において、母乳育児の多くのメリットから、これを継続するのを支援する事が推奨されています。災害に強く津波の心配も無いと言われる瀬戸市ですが、大規模災害に備えて、地域での連絡網や役割分担などを策定しておく事が必要だと思います。

浄土宗に『共生(きょうせい・ともいき)』と言う教えが有ります。今いる人と共に生かし生かされ合いながら、亡くなった人の想いと共にも生きるという意味もあります。東北の方々の気持ちを理解するのは難しいですが、同じ時代を生きる者として、忘れずにいたいと思います。
平成23年3月11日の早生まれの子供達は今年小学校に入学します。春の訪れの遅い東北に、本当の復興の花が咲く日が来るのを楽しみにしています。

(鈴木まさし)


happybaby00

2017年2月にクリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介いたします!

                 ※ 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。


mamakoe002

【入院中】
・お部屋に加湿器があったので、快適に過ごせました。

・授乳指導も丁寧であるし、先生も毎日声を掛けてくださって心強かったです。

・キッズルームが夜9時までと長い時間あいてるので、上の子が来たときにありがたかったです。


kouzyou

・入院計画書に所要時間が書いてあると助かります。(栄養指導15分とか)

スタッフより
貴重なご意見ありがとうございます。
指導は授乳時間と重ならないよう午前中に行っています。おおよその時間は退院指導、沐浴実施は約30分、栄養指導は約15分です。出産後にスケジュールを説明する際、お伝えしていくよう気を付けてまいります。また、スケジュール等でご質問等ありましたら、お気軽にスタッフにお尋ねください。

 ・入院時の持ち物リストをホームページに載せて欲しい。里帰り出産のため前期ベルママクラスに参加していないので、事前に準備ができなかった。

スタッフより
入院時の持ち物、当院でご用意させていただくものをホームページの入院のご案内に掲載しています。
その他に院内の設備なども併せてご覧いただけます。
http://clinicbell.or.jp/hospital/


chiebukuro

新生児のドライテクニックについて

当院では約2年前からドライテクニックを導入していますが、みなさん、『ドライテクニック』という言葉をご存知ですか?
少し前まで生まれた直後に「産湯」に入る習慣がありましたが、胎脂や羊水によって、新生児には様々な細菌から身を守る防御機能が備わっている事が分かってきました。そのため、従来は産湯や沐浴で胎脂や羊水を洗い流していましたが、2000年頃から出生直後は軽く血液などを拭き取るだけにしている施設が増えているようです。当院でも開院当初から産湯を中止し、1日目に沐浴を行ってきましたが、ドライテクニックを導入した現在では、新生児の新陳代謝が活発となり、発汗が盛んになる生後4日目に初めての沐浴を行っています。

1.ドライテクニックはいいところがいっぱい!


・胎脂を残しておける。
♡初めて皮膚に受ける様々なストレスや細菌から守ってくれます。
♡防水機能があるため、出生時の体温の低下を防いでくれます。
♡慣れ親しんだ胎児期のにおいを嗅ぐことで、赤ちゃんが安心して眠ってくれます。

・赤ちゃんが安心する。
♡胎脂と同じく羊水を残し、においを嗅ぐことで赤ちゃんは安心します。

・へその緒が早く取れる。
♡へその緒が早く乾燥し、化膿や炎症を防ぎます。
♡臍脱をスムーズにすると言われています。

・体力の消耗を防ぐ。
♡沐浴による体力の消耗を防ぎます。
♡皮膚に付着した水分が蒸発する際の体温の低下を防ぎます。

・ママにもメリット!
♡ママも胎脂や羊水のにおいを嗅ぐことで脳を刺激され、
「オキシトシン」という乳汁分泌を促すホルモンが作られます。
♡オキシトシンにはママの産後の身体の回復を促す効果もあります。

2.当院のドライテクニックの流れ


3.まとめ


赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、意外と皮膚に汚れがたまっています。
退院後は毎日沐浴をして、皮膚を清潔に保ち皮膚トラブルを起こさないように心がけましょう。
また、沐浴は清潔を保つという目的だけではなく
♥血液循環が良くなり、赤ちゃんの発育を促す
♥赤ちゃんとのスキンシップにより、愛着が形成される
♥赤ちゃんがリラックスでき、沐浴後の入眠を促す
という、たくさんのメリットもあります。
「沐浴はママの仕事」「沐浴はやらなくてはいけないお世話」と考えず、
赤ちゃんと家族のふれあいタイムとして、楽しい時間になるといいですね。