ベル通信 Vol.003【2015年10月号】

院長からのごあいさつ

澄んだ空気の夜空に星が綺麗に見える季節となりました。
9月の終わり頃にお産が重なる時が有り、ふと空を見上げると夜空には「スーパームーン」。
偶然でしょうか?

 今月末で平成27年度の瀬戸旭住民検診での子宮頸がん検診が終了します。未だ受けられていない方は、是非受診してください。
子宮頸がん検診は、欧米では70~80%(≒ほとんどの人)の女性の方が受診しますが、日本では20%(瀬戸旭H26年度は21・1%)強しか受けていません。自費診療では1万円弱の費用が掛かりますが、住民検診では少額の負担で検査が出来ます。詳しい事は、ベル通信Vol.1をご覧下さい。

 尚、今月からインフルエンザワクチンの接種が始まります。妊娠中の方とその家族の方は、早めの接種をお勧めします。

 (鈴木 まさし)


happybaby00
2015年9月にクリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介いたします!

※ 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。

mamakoe002

【外来】
フロントや待合の雰囲気がよく、気持ちよく検診に通えました。先生や看護師さん助産師さんのあたたかさをとても感じました。

【分娩】
立ち会い出産は…と言ってた主人が結局ずっとそばにいてくれて、誕生の瞬間を見ることができてよかったと言ってくれました。先生によく頑張ったね。と言って頂き、大変だったけれど良かったと改めて思いました。

【入院】
完全同室ではなく、疲れた時に赤ちゃんを預かってもらえて、体力の回復が出来て有り難かった。


kouzyou

【外来】
病室にあるイスのあしにあるフェルトがずれているのか、あしがガタガタしていました。
【ベルスタッフより】貴重なご意見ありがとうございます。退院清掃の時に確認はしていますが、再度点検し修繕致します。

【外来】
シャワー室に悪露をふき取れるようなティッシュかコットンがあるといいなと思いました。
【ベルスタッフより】ビューティールームの洗面台にティッシュは置いてありますが、脱衣所にも置くように致しました。貴重なご意見ありがとうございます。


chiebukuro

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによって、初冬から春先にかけて流行する急性感染症です。
感染すると1~5日の潜伏期間の後、のどの痛み、鼻水、咳、頭痛、倦怠感、関節痛、寒気などの全身症状に伴い、38℃以上の急な高熱が出ます。自然に治癒しますが、重症になると脳症、気管支炎、心筋炎などの合併症を併発したり、生命に危険が及ぶ場合もあります。
特に、高齢者、乳幼児、妊娠中は重症化しやすいので注意が必要です。

インフルエンザを予防するには

インフルエンザの発症を完全に抑えることはできませんが、ワクチンを接種することで感染しにくくなります。また、感染しても重症化や合併症の発生を抑えることが出来ます。
インフルエンザは主に飛沫感染で、感染力は強いので、流行の時期はなるべく人混みを避け、帰宅したら手洗いやうがいをしっかりしましょう。
ご本人だけでなく、家族全員が予防接種を受けて、家族内での感染を予防することをお勧めします。

インフルエンザの治療

インフルエンザは1~2週間で自然治癒しますが、抗インフルエンザ薬を48時間以内に投与すれば、ウイルスの増殖を抑えて、症状の悪化を防ぐことができます。インフルエンザが疑わしい場合は、まずは内科を受診しましょう。

※妊娠中にインフルエンザに罹ったら
妊娠中も内科で診察を受け下さい。その際、妊娠中であることを必ず医師に伝えて下さい。インフルエンザに罹ると、多くの方は高熱のため体力を消耗し、回復に時間を要します。栄養、水分をしっかり取り、十分な休息を取るようにしましょう。
他の方への感染を防ぐために、解熱後3日は自宅安静となります。インフルエンザに罹り、予定していた健診日に受信できない場合は、必ず電話にてご連絡下さい。

今年から3価から4価ワクチンへ

毎年流行するタイプを予測してワクチンが作られます。今までの季節性インフルエンザワクチンはインフルエンザA型2種、インフルエンザB型1種の3価ワクチンでしたが、27年度からA型2種、B型2種の4価ワクチンになります。

インフルエンザの予防接種

hpインフルエンザ4
今季はすでに、インフルエンザによる学級閉鎖もでています。

早い時期の流行が予測されますので、接種を予定されている方はお早めに!!